今月も空き芳しくなかった。なぜだろうか?あたいは言われたことはやるつもりであった。それがいけなかったのである。世紀の無難にことを進めていけばよかったのである。それを自分勝手に解釈して突っ走るのは時間の無駄という輩です。およそ2か月ぶりに成果があった。これはなぜか?そもそもあたいはこういう家業についてよく理解していなかったのである。1程度を取る地点以上を念頭に置いてはいけないのだ。それがたとえどんなに低く、また大きい方針であったとしても、ここからまぶたをそらしたものは合計消えて行く痛いマーケットなのである。だから私も覚悟に内的を入れ替えて取り組んでいく考えです。すでに少なくも成果は出つつ残る。ということはもう少しであるということです。だから明日勝つことを考えて現在日もこうやって勤行やる。ひたすら勤行いるのみです。降雨の日も、風の日も。目下ようやくあたいは家庭にいたら何もしない人間だということを思い起こした。まずは家庭を一歩踏み出して出先に出ることからはじめよう。http://rhinenet.net/