身は常にポリシーを意識してきた。これはハイスクールのあたりから貫く。あのケースハイスクール受験に落ちたあたりから一生が変わった。その時初めて身は先について練るということをした。それまでは身は将来のリクエストすら持つことはなかった。それは此度考えてみればその時が楽しかったからです。此度が充実していれば先に狙いをはせることはないからです。あの事例から身は変わった。常に上を目差すやる気が芽生えた。しかしカレッジに入学してからという物体、身は再び糸の切れた凧になった。もう志すものがなくなってしまった。自堕落した暮しは楽しかったが、同時にむなしくもあった。何かが足りなかった。だから身は再び真盛りを目差す。こういうぱっと止める憂鬱な一生を再び明るく照らすべく精進し積み重ねる。もうすぐうまくいきそうです。これが最後の見せ場です。これさえ乗り切れば、あとはスピードアップ続けるだけです。だからあと少しの称賛です。そして再びあの時目指した場所にもう一度帰る。そのためには何をも犠牲にしても済む。http://genocideconvention.mobi/